ソープ店の面接の基本が出来れば応用が効く

店舗型風俗の代表格であるソープランドですが、ここでの面接の基本やポイントを把握しておけば、デリヘルやホテヘルといった出張型風俗の面接であっても同じような注意点なので、面接は上手くいくはずです。 どんな面接でもそうですが、「常識」があり「真面目」であることを相手に知ってもらい、真面目じゃないと思っていても、真面目だという「印象」をもってもらうことが重要です。 時間だけは絶対に守りましょう。 遅刻は厳禁です。 早め早めに動いて、相手を待たせるようなことはないようにすることで、相手側は時間通りに働いてくれるだろうと思ってくれますから、間違いなく好印象に繋がります。 時間にルーズだと思われると大きくマイナスポイントがつくことが多いので、普段は時間にルーズだとして、面接の時だけは早めの行動をしましょう。 服装については、明るい色がいいでしょう。 一般企業の就職面接のように黒でまとめるというのもまったくナシではないですが、華やかな世界への面接ですから、白などを基調とした明るめでおしゃれな服装の方が、相手側にも明るく映るので有利です。 髪型も同様です。 NGとなるのは「生活感」がにじみ出るような服装や髪型です。 華やかな世界の、古い言い方をすれば「夜の蝶」になろうとしているわけですから、アイドルや女優さんのように、普段の生活が見えないような服装や髪型が望ましいです。 かといって化粧を濃くすればいいかというとそうではなく、ナチュラルメイクが望ましいところが難しいところです。 これらの基本を守っていけば、ソープのみならず、他の風俗での面接でも成功率をアップできることでしょう。